マイホーム建設に適した
土地を見つけるために

家は土地の上に建てます。したがって、その間取りも広さも住み心地も、土地の形状や状況に大きく左右されます。

たとえばあまり狭い土地には当然、思った通りの建物が建てられなくなることもあります。また広すぎても家づくりに支障を来すことがあるので「広ければいい……」というわけではないのです。また広さや形状だけでなく、道路付けや日当たり、上下水道や都市ガスなどライフラインなどの条件が整っていることも重要です。

さらに、法的規制によってはその土地に住宅が建てられないこともあるので、土地を購入される際には不動産会社や専門家に良く相談して、ご自身の理想の家に適切なロケーションを探したいものです。

家づくりのプロが
皆様に代わって土地選び

「マイホームを建てたいけど、まだ土地はなくて……」というお客様は少なくありません。アールプラスハウスひらかたではそんな未来の施主様に対し、土地探しについてもプロの視点からサポートさせていただいています。

候補地を吟味するのは、家づくりを手がける専門家です。単に不動産情報だけを頼りにするようなことはなく、施主様をしっかりとヒアリングしてその内容をもとに適切な建設用地を見極めます。

もちろん、現地調査は必ず実施し、周辺環境やライフラインの状況、法規制の有無まで確実にチェックするので、後々にトラブルが生じるということもありません。

変形地、狭小地でも
魅力あふれる家はできる

アールプラスハウスひらかたが土地選びをサポートする場合、建築用地としての条件や施主様のご要望を満たした候補地を厳選してご提案します。

ただし、場合によっては、施主様が最終的にお選びになった土地が狭小地や変形地であることもあり得ます。

でも、ご安心ください。アトリエ建築家が設計を手がけるR+houseの家づくりなら、たとえば他の工務店さんではあまりおすすめしないような形状の土地でも、様々な条件をメリットにできるよう試行錯誤し、魅力的で個性あふれる一棟をプランニングしていきます。

10年後、20年後を
見通した土地選び

ライフスタイルや生活実態は、歳月やその方の年齢とともに変化します。

たとえば、住み始めた当初は通学や通勤に便利な環境に満足されていた方でも、年齢を重ね、お子様が独立して夫婦二人だけになると、今度は老後をゆったり過ごせる環境で暮らしたくなることもあるでしょう。

もちろん、その逆の状況もあり得ます。将来まで見通した土地選びが大切なのはまさにこのため。要は、10年後、20年後も愛着を持ってそこに住み続けられるかどうかを考えることが重要です。

  1. #1

    後悔しない家づくりとその進め方について
    “目からウロコ“のヒントをご提案します

    家づくりの進め方


  2. #2

    50年先まで考えた安心の為に、
    人生設計を一緒に考えましょう

    資金計画について


  3. #3

    家づくりを成功に導く、
    土地の選び方、活かし方

    土地選びについて


  4. #4

    充実の保証体制と
    万全のアフターメンテナンス

    安心保証


  5. #5

    建築家とつくるR+houseの
    家づくりとその進め方

    家づくりの流れ