10年間の
瑕疵担保保証を整備

アールプラスハウスひらかたでは国が定める「住宅品質確保促進法(品確法)」に基づいて10年間の瑕疵(かし)担保保障を整備しています。

これは、新築住宅の基本構造部分(柱や梁など住宅の構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分)について、完成引き渡し後10年以内に何らかの瑕疵(欠陥)が見つかった場合、施工を担当した工務店や不動産業者に無料補修などが課される制度です。

高品質の家づくりを掲げるR+houseではこうしたリスクは限りなくゼロに近いと自負していますが、万が一の事態でもお客様の家と権利を守ることができます。

第三者機関
財団法人 住宅保証機構
日本住宅保証検査機構(JIO)
株式会社ハウスジーメンなど

基準を大きくクリアする性能で
長期優良住宅の認定もOK

「長期優良住宅」とは、住宅の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、維持保全計画の9項目について国が定める一定の基準を満たした住宅を認定する制度で、平成21年6月から施行されているもの。

なお、R+houseで建てる家はすべて長期優良住宅の基準を大きくクリアする住宅性能を備えているため申請すればスムーズに認定が受けられ、各種減税やローン金利優遇など、さまざまなメリットが得られます。また、申請手続きもアールプラスハウスひらかたが代行します。

第三者機関
所轄行政庁(都道府県知事または市町村長)
登録住宅性能評価機関

お引き渡しから最長10年間の地盤保証

住宅の強度は構造だけでは決まりません。敷地の地盤が強固であることも不可欠な要件です。アールプラスハウスひらかたが手がけるすべての注文住宅では必要に応じて最先端の地盤改良工事を実施しますが、万が一の場合でも当店が加盟するジャパンホームシールド株式会社の地盤瑕疵保証制度を受けられるので安心。

建物が損害を被ったり、敷地を修復したりする必要が生じた場合はお引き渡しから最長10年間にわたり最高5,000万円まで保証が受けられます。

資産価値を維持する
アフターメンテナンス

家には住居としてだけでなく、「資産」としての側面もあります。しかし、現金や有価証券などとは異なり、適切なメインテナンスを行わければ資産としての価値もやがて目減りしてしまいかねません。

こうしたリスクを避けるためにも定期点検や補修、修繕が必要です。アールプラスハウスひらかたでは、こうした考えに基づいて、完成お引き渡し後のアフターフォローを重視しています。

完成お引き渡し後の定期点検


  1. 3ヶ月点検

    • 建具や内装(床、壁、天井、電気、窓、戸など)の劣化チェック
    • ガス・水まわりの不具合点検
    • 外壁・塗装の剥がれなどをチェック
    • 住み心地の良し悪しを施主様に確認
  2. 1年点検

    • 建具や内装(床、壁、天井、電気、窓、戸など)の劣化チェック
    • ガス・水まわりの不具合点検
    • 外壁・塗装の剥がれなどをチェック
    • 住み心地の良し悪しを施主様に確認

    ※一部、補修は有料となります。

  3. 5年点検

    • 建具や内装(床、壁、天井、電気、窓、戸など)の劣化チェック
    • ガス・水まわりの不具合点検
    • 外壁・塗装の剥がれなどをチェック
    • 住み心地の良し悪しを施主様に確認

    ※一部、補修は有料となります。

  4. 9年6ヶ月点検

    • 建具や内装(床、壁、天井、電気、窓、戸など)の劣化チェック
    • ガス・水まわりの不具合点検
    • 外壁・塗装の剥がれなどをチェック
    • 住み心地の良し悪しを施主様に確認

    ※一部、補修は有料となります。

  1. #1

    後悔しない家づくりとその進め方について
    “目からウロコ“のヒントをご提案します

    家づくりの進め方


  2. #2

    50年先まで考えた安心の為に、
    人生設計を一緒に考えましょう

    資金計画について


  3. #3

    家づくりを成功に導く、
    土地の選び方、活かし方

    土地選びについて


  4. #4

    充実の保証体制と
    万全のアフターメンテナンス

    安心保証


  5. #5

    建築家とつくるR+houseの
    家づくりとその進め方

    家づくりの流れ