見晴らし抜群の土地に建つ黒いシャープな箱の家

鳥取の名山・大山を望む高台の土地にこの家はあります。山の中に住むことが夢だったご主人。けれど実際には会社員であったり幼い子どももいて難しい。そんなご主人が見つけたのがこの土地でした。雄大な景色をご馳走に、毎日を穏やかに暮らす、理想の生活が実現しました。

POINT


  • 外観は鏡面ブラック。シャープな印象を持たせつつも、ファサードをレッドシダーの板張りにして穏やかでナチュラルな色を添えています。 玄関前のファザードは、立つと奥まで視線が抜けて、遠くの山並みが切り取られて見えます。
  • 広々としたLDKはL字型。大きな掃き出し窓が明るい光と風を招き入れ、外の景色も取り込んでくれます。 子ども室は1室のままでも、将来は家具などで仕切って2室としても使えます。
  • バスルームからの眺めがこの家の見所。浴槽に体を横たえると大山が一望できます。隣家が見えるのを避けて風景だけど切り取った窓の開き方にしています。