シャープな黒い箱の中で変化に富んだ空間を楽しむ家

北国の冬は寒く長いものです。そんな厳しい自然環境の中でも家の中では子どもたちの笑い声が響きます。ここにあるのは暖かく快適な暮らしです。
まるでおしゃれな居酒屋のように大人数が集えるリビング、使いやすい家事動線が暮らしやすさを実現します。また、2階から数段下がったところには「見せる洗面室」、半階上がったところには旦那様専用のロフトを設けています。2階建てなのに4層になった空間をもつ変化に富んだこの家は、ご親戚や友人にも大好評です。

POINT


  • こだわりの外観。水面加工を施した光沢ある黒い外壁は鳥の濡れ羽色のように美しく、訪れる人を魅了します。無落雪屋根や駐車スペースにはロードヒーターを採用し、克雪対策をしています。
  • 大きな食卓を置いたLDと畳を敷いた小上がりをしつらえて、食卓と同じデザインの座卓を制作。座卓をつなげると大人数がワイワイ集える空間が現れます。また、オープンキッチンなので作業をしながらでも会話に加われます。
  • 2階レベルから3段下がったところには、見せる洗面室。アンティーク調の照明やモザイクタイルでレトロチックなイメージにしています。 寝室収納は旦那様専用のロフト。不規則な勤務形態の旦那様が一人の時間を過ごせる、憩いの空間です。 現在の子ども室は3人でシェア。ベッド3台を置いても余裕の広さです。