軒天まで木の魅力を活かした家

伝統的な「軒」を深く出し、軒天に木の板を張った外観は外壁のガルバリウム鋼板と木の相性も良く、洗練された和モダンの佇まい。室内もリビングの梁や柱、バイクガレージの壁面などに木を効果的に見せる演出により、温もりあふれる住まいが完成しました。

POINT


  • 空間を遮らないため広々と感じられるスケルトン階段を採用。奥のリビングは吹き抜けとなっており、2階から光が届きます。
  • ご主人の夢だったバイクガレージの壁一面にはパイン材を採用。凹凸をつけて木材を張ることでラフな雰囲気を演出しています。
  • 2階の寝室には奥行きの深いウォークインクロゼットを設置。低めの壁で軽く区切ったことで空気も籠らず使い勝手が良い空間になりました。