木と炎のぬくもりに癒される大空間の家

袖壁の隙間を薪で覆った牧歌的な平屋住宅の玄関ドアを開けると、そこに広がるのは驚きの大空間。そんな意外性のあるLDKの中心ではシンボリックな薪ストーブの炎が優しく揺れています。こだわりの自然素材の温もりと、表情豊かな炎に癒される住まいの提案です。

POINT


  • シンボリックな薪ストーブを設えた土間と一体的に続く、開放的なリビング。大胆な間取りでありながら一年を通して快適性を損なわないのは、R+houseの高い断熱性・気密性があるからこそ。
  • LDKに連なる個室の欄間部分は、薪ストーブの暖気を行き渡らせるためにすべて開口。家全体の暖房効率を高める空気循環にもこだわりました。
  • 地元のスギ材を使った外壁やオリジナル桐材の床板、スイス漆喰塗りの壁面、おがくず入りの壁紙など、自然素材にこだわった住まいです。