2階LDKの発想でプライバシーを叶えた家族の家

「地域のつながりも大事にしながら、家族の時間も大切にしたい」と考えていたご主人。
『R+house』の建築家が提案したのは、家族が過ごすLDKを2階に配する新発想のプラン。
玄関に入ってスケルトン階段を1歩上るたびに、自然とプライベートな気持ちへ切り替わります。
キッチンを中心に、外ともつながる暮らしが実現できます。

POINT


  • 敷地は狭い三方道路と隣家に囲まれた立地で、敷地内には親戚の作業場もあり、そこで住宅と作業場へのアクセスをそれぞれに分けることでプライバシーを確保しています。
  • 2階にLDKを設けることから、一般的に南側に設ける庭を北側に配置。建物自体を敷地の南側に建てることで、プライバシーを守りながらたっぷり陽光が入り込む、明るく開放的な住空間を実現しました。
  • 寝室や子ども部屋などの個室は1階に配置。階段の吹き抜けが上下階を緩やかにつなぎます。