中庭をぐるりと回る動線で機能美を叶えた家

「部屋全体が見渡せて、どこにいても家族の気配を感じる住まい」がコンセプトの、中庭を中心にぐるりと回遊できる間取り。パブリックなLDKを中庭の右、プライベートな水回りを左に配置することで暮らしの機能美を実現した、回遊動線のある家です。

POINT


  • 家事スペースはキッチン周辺に集約。キッチンからすぐそばの洗濯機、物干しになるテラスまでの動線を最短距離の直線上に配置しました。
  • リビングは壁を最小限にして広々とした空間を確保。ダイニングの地窓、キッチンの腰高窓など多方面から採光した明るい住空間です。
  • 室内のリビングと屋外のテラスをフラットにつなぐことで空間の広がりを演出。木目模様のコンクリートでプライバシーにも配慮しました。