緑と絵画を楽しむ、森の美術館のような家

たくさんの観葉植物が光をまとい、葉を広げる開放的な吹き抜けの玄関ホール。スケルトン階段を上ると、そこに広がるのはギャラリースペース。「画家である父の絵を飾るスペースがほしい」という要望から生まれた、森のミュージアムのような都市型住宅です。

POINT


  • 広く採った階段ホールを活用したギャラリースペースにはピクチャーレールやスポットライトなど、美術館仕様の設備を採用しました。
  • 光をまとった観葉植物がゲストを出迎える玄関ホールには、床と基礎をくり抜いて地面とつなげたシンボリックな植栽スペースを設置。
  • LDKのメインとなるテーブル一体型のキッチンは調理スペースだけではなく、書斎などとしてもマルチに活躍しています。