建材仕入れの工夫


一般に注文住宅が高価だと言われるのはなぜでしょうか。自由設計でフルオーダーだから……。もちろんそれもおもな理由の一つですが、それだけではありません。じつは部材や工程などさまざまな部分で多くの無駄が発生しているからです。

私たちアールプラスハウスひらかたは、こうした目に見えない無駄を省いたり、建て方のルールを決めて効率よく作業を進めたりすることなどで大幅なコストカットを可能にしました。また下記に示したような、仕入れの工夫も低価格化に一役買っています。

直接仕入れで
コストを抑える


仕入れコストが高くなる理由の一つは卸問屋など中間業者の存在です。しかし、R+houseはこうした業者を一切介さずメーカー直で仕入れを行うため、無駄なマージンを回避して、建築資材にかかる費用の大幅削減を可能にしました。

先払いで
コストを抑える


一般的な仕入れは代金後払いが常識です。しかし、この手法では、売り手は売り掛けの回収ができなくなったときのためにリスクを商品価格に上乗せするため、その分のコストが住宅価格に反映されてしまいます。そこでR+houseでは――。Web発注と先払いシステムを併用することで、通常の取引よりも安く仕入れられるようにしました。また中間業者が介在しないので、中間マージンも発生しません。

先払いでコストを抑える
先払いでコストを抑える

標準仕様の設定による
コストダウン


一般的な注文住宅がフルオーダーなら、R+houseはセミオーダーの家づくりということになります。何から何まで自由に決めることができるのがフルオーダーの魅力ですが、反面、選択肢が多すぎて何かと無駄が生じやすいのも確か……。そこで、R+houseでは部材の選択肢や寸法、仕様などに一定の制限を設けるなど規格化・標準化を図ることでこうした無駄を大幅にカットしました。

標準仕様でコストを抑え、
オプションでこだわりを追求


R+houseでは、サッシや断熱材など住宅性能に関わる部分や床材など、後から変更するのが難しい部分もまた標準化し、施工途中の変更リスクを少なくすることで価格上昇を回避しています。いわば、部品の共通化でコストダウンを図る自動車産業のようなもの。同じ型番の部品を用いながら、外観やインテリアを変えることで表情の違うモデルをラインナップしているのに似ているかもしれません。

同様に、R+houseの家づくりでも、標準仕様の範囲でデザインを自由に行えるようにしています。もちろん、乗用車がオプションパーツを装着することでまったく表情の違う一台にグレードアップできるように、ご予算やご要望に応じてオプションを加えれば、いっそうのこだわりを表現することも可能です。

  • 優れた機能性


    R+houseひらかたが
    考える住宅性能へのこだわり

  • ⼿の届く価格


    アトリエ建築家とつくる家を
    低コストで供給するR+houseシステム

  • 建築家との家づくり


    生活動線を極限まで無駄なく
    ご家族のライフスタイルを反映した
    世界でたった一つの間取りを考える設計力