アトリエ建築家とは


一般にアトリエ建築家とは、工務店やハウスメーカーに属さない、独立系の一級建築士のこと。

中には商業ビルやオフィス、公共施設などの設計を主に手がける建築家もいれば、一戸建てや集合住宅を得意とする建築家もいます。もちろん、アールプラスハウスひらかたとコラボレーションするのは後者。

R+houseシステム
とは


ハイセンスで斬新な住居デザイン、細部までつくりこまれた空間プランニング、使い勝手に富んだ生活動線や設備──これらの条件を満たした良質な住まいを手に入れようと持ったら、これまでは独立系の一級建築士=アトリエ建築家に直接家づくりを依頼するほかありませんでした。

ところが、通常の注文住宅よりもコスト面で敷居が高いこともあり、一般にはあまり普及していないのが実情。多くの場合、家を建てる際は工務店などに依頼することになりますが、設計担当は主に二級建築士であり、打ち合わせも営業担当とのやりとりが主体となるので、思ったように建てる側の要望が伝わらず、満足のいく家づくりができるとは言い難い面もありました。

こうした現状をなんとか打開し、多くの方にアトリエ建築家による家づくりを検討していただけるよう、優れた品質や性能は維持しながら、コスト面を徹底的に見直した新発想のシステムがR+house。

アールプラスハウスひらかたは、大阪枚方エリアの加盟店として、独立系のアトリエ建築家と連携し、施主様が思い描く理想の家づくりを手の届く価格でご提供します。

家づくりを
楽しむためのヒント×4


漠然とマイホームを思い描いているうちは、確かになんだかワクワク楽しい気分でも、いざ、実際に建てようという段階になると、具体的なイメージが湧かなくて焦ってしまったり、資金のことや住宅ローンのことなど現実的なことに直面して誰でも不安になったりします。もちろん、お金のことは大事ですが、そればかりにとらわれると、肝心の家づくりに集中できません。

そんな方にアールプラスハウスひらかたがアドバイスしたいのは「家づくりを楽しもう」ということ。では、どうしたらそれが可能になるのでしょうか。ここに4つのヒントを挙げました。 ぜひ、実践してみてください。きっと、肩の力を抜いて家づくりを進められるようになるはずです。

point1

暮らしのイメージを引き出して
プランニングするヒアリング力

“アトリエ建築家とつくる家”づくりの特徴がよく表れるのが施主様に対するヒアリング。

たとえば、一般的な工務店の設計士が部屋の数や希望の帖数(広さ)をたずねるのに対して、アトリエ建築家は施主様やご家族がそこでどんな暮らしがしたいか、家族の将来像はどのようなものかなどをお聞きして、そこから住まいのイメージを膨らませ、プランに落とし込みます。

当然、施主様のご要望を外観やインテリアに活かすこともできますが、グランドデザインは建築家個人の創造性やインスピレーションの産物です。自由な発想を大切にする彼らは、決して最初から枝葉末節にはこだわりません。

point2

ライフスタイルを考えたプラン

建築家の設計する家と言うと、その個性が前面に出ているような“作品”を思い浮かべがちですが、アールプラスハウスひらかたがご提案するのは違います。

当店と提携している建築家は自身の作家性ではなく、あくまでも施主様の生き方、ご家族の暮らし方を住宅設計という手法で表現するスペシャリスト。ヒアリングを重視する家づくりはまさにそんな彼らの考え方を端的に物語っていると言えるでしょう。

point3

建築家の発想が
大幅なコスト削減を可能に

今でも独立系の設計事務所へ家づくりを直接依頼するとなれば、相当な出費を覚悟しなければなりません。しかし、R+houseなら“アトリエ建築家とつくる家”が手の届く価格で実現できます。

それが可能な理由はいろいろありますが、やはりアトリエ建築家の豊富なノウハウを取り入れたことが大きいと言えるでしょう。たとえば、R+houseでは、打ち合わせ回数や予算内で使用できる部材のアイテム数や寸法、加工法などに一定の制約を設けることで、材料費や手間賃などを大幅にカットしていますが、こうした知恵ももとはと言えばアトリエ建築家から提供されたもの。

住宅のデザイン性、品質、性能を水準以上のレベルに維持しながら、なおかつ驚くほどの低価格を達成できた背景には、コロンブスの卵とも言うべき彼らのアイデアが大きな役割を果たしています。

  • 優れた機能性


    R+houseひらかたが
    考える住宅性能へのこだわり

  • ⼿の届く価格


    アトリエ建築家とつくる家を
    低コストで供給するR+houseシステム

  • 建築家との家づくり


    生活動線を極限まで無駄なく
    ご家族のライフスタイルを反映した
    世界でたった一つの間取りを考える設計力